見出し画像

推薦で新たな未来を開く!リファラル採用、成功の秘訣を公開 | リファラル採用 した人、された人に聞いてみた

社内での人材採用において、リファラル採用は注目されている方法です。この採用方法は、既存の社員からの推薦によって新たな人材を採用するものであり、企業にとって有益な効果が期待できます!リファラル採用の背後にはどのようなプロセスがあるのでしょうか?

実際、「紹介したいけど、知り合いにどう声をかければいいのか分からない」という声も社内から上がっています。

本記事では、実際にリファラル採用で入社した方と紹介者の方にインタビューし、その関係性や経緯について詳しく紹介します。また、紹介者がどのようなサポートやアドバイスを提供したのか、入社された方がどのような魅力を感じたのかについても探っていきます。さらに、実際にネクシィーズに入社された方の感想や、リファラル採用を検討している方へのメッセージもお伝えします。ぜひこの記事を参考にしてください🌟


HAYATE.Sさん(紹介した方/写真左)
2022年卒。入社2年目。ネクシィーズ那覇支店 地域戦略課所属。
趣味:ゲートボール

TAKUMI.Oさん(紹介された方/写真右)
2023年卒。6月入社。新卒で入社した会社を2ヶ月で退職し、ネクシィーズ那覇支店へ入社。
趣味:昆虫採集(特にクワガタ)

「お二人の関係性について教えていただけますか」

Sさん(紹介した方):
Oは私の高校時代の後輩です。学年は一つ下で、私が先輩になりますね。高校時代は同じ野球部に所属していました。私はピッチャーで、Oは外野手でした。大学は別の学校に進学しました。

——仲はよかったのでしょうか?

Sさん(紹介した方):
特別仲が良い感じではなかったです(笑)

Oさん(紹介された方):
話したりとかはあったんですが、それくらいですね。先輩後輩だったので。

「Oさんを紹介したのは、どのようなタイミングで、どのような方法だったのでしょうか?」

Sさん(紹介した方):
Oからの相談がきっかけでした。Oから「転職をしたい」とインスタでメッセージを貰いました。それを受けて、一緒に飲みにいく約束をしました。

Oさん(紹介された方):
実は私は大学4年生の頃、ネクシィーズを第一志望にして就活を進めていましたが、昨年の就活では準備不足で内定をいただくことができませんでした・・・。その後、沖縄の別の会社で4月から2ヶ月間働いていましたが、今後のキャリアを考えたときにもう一度ネクシィーズの話を聞いてみたいと思いました。

——そのタイミングで会社のリファラル採用が始まったのですね。

Oさん(紹介された方):
そうみたいですね。リファラル採用という制度が始まったからどうかな?という話をいただいて、その時にリファラル採用があることを知りました。それで、面接に進むことになりました。

「Oさんはどのようにネクシィーズを知ったのでしょうか?」

Oさん(紹介された方):
大学4年生になるタイミングで、仲の良い友達からネクシィーズという会社があるという話を聞き、それがきっかけでネクシィーズの合同説明会に参加し、サービスの内容を理解して第一志望になりました。ネクシィーズの魅力は、本社が東京にあり、会社の規模が大きいということです。また、東京本社で開催される個別の説明会にも参加しました。社員の方々の雰囲気や会社の雰囲気に圧倒され、選考に進みました。新卒では入社することができなかったものの、リファラル採用で内定をいただくことができました。

「Oさんからみて、ネクシィーズで働くSさんはどのように見えていましたか」

Oさん(紹介された方):
Sさんには昔からメリハリのある方で、すごく気遣いのできる人だと、後輩ながらに感じていました。大学4年の時は残念ながら内定はもらえませんでした。その時、Sさんとの差があったのかな、と考えるとそう感じます。Sさんはどんなことにも前向きに取り組む人なので、ネクシィーズで働くというモチベーションも高いのだと思います。

「紹介者として、リファラル採用で入社した方に対してどのようなサポートやアドバイスを提供しましたか?」

Sさん(紹介した方):
自分が1年間働いてみてこんな感じだよ、と伝えられたと思います。Oも自分と話す時にノートを持ってきて、一言一句メモするような形で話を聞いてくれました。その姿勢をみて、もうかなり本気だなと感じたので、自分も会社にいるメリットとか、身に付くスキルだとか、給与も含めて本当に細かく話し、選考を受けることを薦めました。

「リファラル採用だから得られた情報やアドバイスはありますか?具体的な例を教えてください」

Oさん(紹介された方):
実際に働いている方々からしか得られないレアな情報に、私は大変感謝しております。特に営業手法などの実例は非常に有益でした。例えば、話を聞くまで「ダイブ(※)」があることを知らなかったのです。ダイブがあることや、それにどのように対処したら良いのかといったお話は非常に貴重でした。率直に申し上げますと、私は入社前にLEDと空調の商材についてしか知識を持っておらず(笑)、情報が不足していた面が非常に大きかったのです。また、事前に正確な会社情報を得ることができたおかげで、「ネクシィーズでの将来の展望」について具体的に表現できるようにもなりました。面接においても将来のビジョンについて問われることが多いため、面接対策にもなったと考えております。私が大学4年生の時に受けた面接とは全く異なる回答ができたと確信しております。Sさんの存在は本当にありがたく感じております。

※ダイブ・・・新規開拓営業の手法の1つで、アポを取らずに法人や個人宅に訪問し、営業をするスタイルです。

「ネクシィーズに入社されて、実際のネクシィーズの印象はいかがですか」

Oさん(紹介された方):
Sさんに聞いていた通りです!
大学4年生の時も「明るい会社」だな、と感じていました。もともと営業が主体の会社だと言うことも知っていたので、印象が違うと感じたことは全くないです。

——知り合いと一緒に働くって、どうですか?

Sさん(紹介した方):
先ほどお話ししました通り、僕たちは同じ高校なのですが、那覇支店にはもう2人同じ高校の先輩がいて(笑)母校出身者も多いと言うこともあってネクシィーズを知っていたりしました。
入社してから、「これってどう言うことですか?」と細かいことを質問しやすいと思います。知り合いがいたことによって助けられた部分も多いです。

「最後にリファラル採用してみていかがしたか」

Oさん(紹介された方):
正直に言うと、前の会社に入社した時に「あれ、説明会で聞いたことと全然違うな」と思うことが多かったので、選考の前に歳の近い先輩から話を聞けたのはとても良かったです。説明会では年齢が近い社員の話を聞く機会はありますが、高校時代からの先輩から話を聞けるという安心感・信頼感はありましたね。今入社して1ヶ月ほどですが、楽しく働いていますので、入社前のSさんとのコミュニケーションは重要だったと感じています。

Sさん(紹介した方):
今回は元々信頼関係のある先輩後輩ということもあり、ちょっと聞きづらいことも言いづらいこともクリアにできたということがとても良かったと思います。入社した際にズレが少なかったのではないかと思います。会社で長く活躍してくれる人材になってくれたら、私もとても嬉しいです。

おわりに

実際にリファラル採用で入社された方や紹介者の方々に対し、インタビューを行い、その経緯や関係性、魅力について詳しくお伺いしました。また、紹介者からのサポートやアドバイス、入社された方々の感想もお伝えしました。
リファラル採用は、社内の人材採用において非常に有効な手法であると期待されています。友人や知人に声をかける際には、相談しやすい環境を整え、紹介者との関係性を築くことが重要です。また、紹介者から提供されるサポートやアドバイスを十分に活用することも大切です。

リファラル採用に興味を持っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください🌟


ネクシィーズグループでは、現在採用強化中です。

▼ 24卒説明会 ▼

▼ 25卒インターンシップ ▼


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

新卒採用サイトはこちらです。仕事内容や社内のことがわかる情報を発信しております。是非ご覧ください。