見出し画像

NEXYZ.Groupの新年恒例行事🎍神田明神参拝

 こんにちは!NEXYZ.Group公式note編集部です。

 NEXYZ.Groupでは新年のご挨拶に必ず神田明神に参拝しています。
今回はその神田明神についてどんなご利益があるのか、歴史について書いていこうと思います!

神田明神とは??

 江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神は、天平2年(730)に出雲氏族で大己貴命の子孫・真神田臣によって創建されたそうです。
 神田明神は「商売繁盛」の神社と知られていて、多くの経営者がお参りに来られてました。
それもそのはずといわれる3人の神様が祀られいます。

御祭神は
「一之宮 大己貴命(おおなむちのみこと)」
「二之宮 少彦名命(すくなひこなのみこと)」
「三之宮 平将門命(たいらのまさかどのみこと)」

なかなか聞きなれない神様のお名前ですが、大己貴命(おおなむちのみこと)とは「だいこく様」、少彦名命(すくなひこなのみこと)とは「えびす様」(漁業の神、商いの神)といわれてます。

 ダントツで有名なのは、関ヶ原の戦いの際に、徳川家康が合戦の戦勝のご祈祷を行ない戦地へ。すると、神田祭の日に見事に勝利し天下統一を果たされたといわれています。

 これ以降、徳川将軍家より縁起の良い祭礼として絶やすことなく執り行うようなり、その後、「江戸総鎮守」として将軍から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護され、現在も家庭円満、縁結び、商売繁盛、事業繁栄、厄除けの守護神として大変親しまれるようになったそうです。

神田明神にいるポニーの明ちゃん

 そんな神田明神、日本の神道を尊重しながらも、ユニークな要素を取り入れています。秋葉原から徒歩圏内にあることからなのか、電子機器やガジェットを神聖視する祭典を開催しています。この祭りでは、スマートフォンやコンピューターを守護し、順調な動作を祈願します。
 また、神社周辺には多くの飲食店やカフェがあり、オタク文化を楽しんだ後に、美味しい食事を楽しむこともできます。神田明神への参拝は日本の伝統と現代文化が交錯できる機会ともいえますね。

 ちなみに昨年、TBSで放映された人気ドラマ「VIVANT」でも、主役を演じる堺雅人さんが毎日参拝していたのがこの神田明神。
 別班の連絡用に使われていた小さな祠(お饅頭が置いてあると指令があるという昔懐かしい設定w)はTV用に置かれたもので現存しないそうです。
 だいこく様は出雲の神様、主役の名前が乃木、などなど伏線がいっぱいあるドラマ「VIVANT」はめちゃくちゃ面白かったです。Season2期待してます!(笑)

初詣に来た人々で賑わう神田明神

 みなさん初詣には行かれましたか??
この伝統的な行事は、必ずしも松の内に行かないといけないというものではないそうです。
初詣を通じて、新年を前向きにスタートし、願い事や目標を設定することで、希望や活力を持ち続ける助けとなりますのでまだ行かれていない人は神田明神に限らず、参拝に行ってみてはいかがでしょうか?

_________________________________

NEXYZ.Groupでは2025年卒の方を対象としたインターンを開催中です!!
ご予約はマイナビからお願いいたします😊


この記事が参加している募集

#一度は行きたいあの場所

54,500件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

新卒採用サイトはこちらです。仕事内容や社内のことがわかる情報を発信しております。是非ご覧ください。